スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

第210回 週刊遠足 特大号 

すっかり秋になり、


遠足の季節だ。


 


遠足といえばお菓子だが、


昨今はお菓子界も多様化しており、


決められた金額内(たいていは300円のようだ)でお菓子を選ぶことは


きわめて難しくなってきている。


生協で親が注文していたお菓子を持ってくる子供も珍しくない。


 


そこで御子茶間大学駄菓子学部教授である僕が


専門家としていかに300円でお菓子を選ぶか、考察してみた。


 


「バナナはお菓子ですか?」


などという無粋な質問はよしていただきたい(この議論については後述)。


僕は極めてまじめにこの問題に取り組んだ。


まさに駄菓子人生をかけたレポートとなるであろう。


 


*心配してくれるみんなへ。


大丈夫。


さっきビールしこたま飲んだから。


僕はもっぱらシラフです。

はじめに


うぃ~・・・


これから僕がしようとしていることはつまり、


300円という限られた資産の中でどのようなお菓子を買ってきて


どのように楽しめばいいかということについて考えることだ。


基本的にはお菓子選びや配分の例をあげる形になると思う。


先ほどの議論である・・・


 


「・・・!!・・・・・・・・!!!!」


 


あ、ちょっとごめんなさい。


 


「わかったよ!!すぐ入るよ!!」


 


あぁ、申し訳ない


さっきからママがお風呂に入れとうるさくてね。ははっ


そう、バナナはお菓子に入るのか。


これはね、「お菓子」についてここではっきり定義させてもらうと


バナナはお菓子である。


要するに、お弁当以外で買ってきたものを食べたらお菓子なわけだ。


だから、もしどうしてもバナナが食べたいのならお弁当箱に入れてもらうことをお勧めする。


当然この場合、バナナは「お菓子」ではなくなるからだ。


 


今あげた例はちょっとした裏技だが、


裏技と呼べるものはほかにも多数存在する。


ここで触れるのは本筋からずれるが、有名なものに「お菓子無限増殖」というものがある。


これは遠足の半年くらい前(期間はお好みで)よりお菓子を毎日買ってきては


少しだけかじる(*ちょっと食べるの意)を繰り返す。


そして遠足当日にそれらを一気に持ってくるというものだ。


なんだかいくら分のお菓子なのか検討もつかないし、


そもそも買ってきたものを持ってくるわけではないから


理屈上これは「お菓子」とはいえない。


これに似た理屈だが、「もらってきたもの」は「お菓子」ではない。


この理屈をフルに利用する方法がある。


それは10月31日に変装し、他人の家を襲撃、


「お菓子をよこせ。さもなくばいたずらするぞ。(Trick or treat)」と脅すと


なんとキャンデーなどお菓子が山のようにもらえるのだ。


これを20軒ほどやればあっという間に半年分くらいのお菓子がたまってしまう。


あとはそれを遠足に好きなだけ持ってくればいい。


ただ、この手法を使うのならば、遠足の日程に気をつける必要があるだろう。


 


上に上げた裏技は成人病予防などの観点から最近ではほとんど行われなくなった。


そもそも遠足のお菓子というのは300円内に収めるからいいのであって


それをいくら理屈で捻じ曲げようと己がむなしいだけだ。


もちろん今から紹介するものに裏技の要素は一切ない。


300という数字は「制限」するためにあるのではない。


そこには「無限」の可能性が秘められている。



遠足お菓子詰め合わせ例


*お菓子の会社の名前は原則省いた。


ただし会社名を添えたほうがなじみのあるものはその限りではない。


 


用例①


カルビーポテトチップス小


チョコボール


ハイチュウ


グリコりんごジュース


解説:一番オーソドックスな組み合わせ。バランスもいい。よく言えば凡庸、悪く言えば平凡。学校から配給される場合、こういったスタイルをとることが多い。考えるのが面倒な人、普通が一番な人にお勧め。グリコのりんごジュースはコストパフォーマンスに優れるが、遠足が登山の場合、気圧の関係で破裂してしまい、リュックがべちょべちょになることが多いので注意が必要だ。


 


用例②


オーザックうす塩


ブルボンプチシリーズチョコラングドシャ


ヒモQ(グミ)


解説:用例①の発展型。満腹感を重視した。飲み物は水筒に入れることで「お菓子」の容量を増やすことに成功した。チョコラングドシャはコストパフォーマンスが秀逸。上級者でも使う人は多い。あまったお金でヒモQ。ヒモQは比較的どこでも売っている。量からすれば決して安くはないが、食べてて楽しい。遠足に最適といえるだろう。縄跳びとして遊ぶのもよいが、遊んだ後は必ず残さず食べること。お菓子を粗末にする者は万死に値する。


 


用例③


キャベツ太郎


どんぐりガム


うまいぼう


スポーツドリンク


解説:何をやっても光るヤツがいる。どこにいても一目置かれるヤツがいる。この用例がまさにその象徴だ。彼らは慣例にとらわれることを知らない。お菓子の袋いっぱいに詰め込んだ駄菓子はその一粒一粒が違っていて輝いている。まさにお菓子のサラダボウルと言えるだろう。


 


用例④(やや超え)


ハリボーコーラグミ


ベビースターらーめん


プチチョコラングドシャ


解説:グローバルな視点を持ってすれば選択肢の必ず先頭に来るハリボーグミ。210円と割高だが挑戦する価値は十分ある。しかも量は意外に多い。バランスをとるために塩辛系とチョコ系はコストパフォーマンスをよく考えて。ちょっと300円を超えてしまうが「Mr.Maxで買いました」と言い張ろう。


 


用例⑤


さきいか


サラミ


たらチーズ


解説:ちょっとした飲み会だ。花見気分を味わうことができる。バスの中で食べ始めてしまうとすぐになくなってしまうので注意が必要である。全体として割高が多いが、お金が余ればチーかまも欲しい。水筒の中は氷結。


 


用例⑥


タラタラしてんじゃねーよ×15


解説:よっぽどイライラしているのだろう。


 


用例⑦


さけるチーズ


ねるねるねーるねぶどう味


ねるねるねーるねソーダ味×2


解説:意表をついたチョイス。天上天下唯我独尊を地で行くスタイルでほかを圧倒することができる。ねるねるねーるねは味が二つともそろっている店は少ないので根気よく探そう。運がよければ60円以下で買える。水筒にはもちろん水を入れていくことも忘れずに。




さいごに


遠足のお菓子選びは個性が現れる。


その人がどう生き、どう考えてきたのか。


それがそのまま現れるのだ。


ばら色の人生を歩んできた人はばら色のお菓子がお菓子袋をすけて見えるし、


金色のライオンは金色のお菓子が見えるものなのだ。


お菓子選びはその人のオーラといってもよい。


そしてその無限の可能性は小宇宙(コスモ)にも例えられよう。


僕が今まで見てきた中でもっともすばらしいお菓子選びをしていた人がいる。


竹田君だ。


彼はいつも飛びぬけていた。いつも僕の先にいた。


彼がいたからこそ僕はこうして文章を書いている。


最後にこの竹田君に感謝の意を表したいと思う。

スポンサーサイト
[ 2007/10/28 01:51 ] てげもち | TB(0) | CM(6)
しまったー!
バナナなくなく諦めず
おかずで持っていけばよかったのかぁ_| ̄|○

それにしても300円でいろいろな組み合わせが可能ですねね。
私は用例③あたりだと思います(・∀・`)ジコシンダン
でもおやつにどんぐりガムとマシュマロと、
クッピーラムネは欠かせませんね!!
細々と10円単位で300円分のおやつを買って
袋いっぱい持っていくのが楽しみでしょうがなかったです!笑
[ 2007/10/28 17:03 ] [ 編集 ]
おぉ(・∀・)!!
駄菓子少年、裏たれもちさんならではの題材ですね
( ´艸`)♪
こういうの大好きです(´∀`*)エヘヘ♪
でも
>僕はもっぱらシラフです。
>うぃ~・・・
酔ってるー(・∀・)!!
完全に酔っ払いやないですか(´∀`*)♪

そして、タラタラしてんじゃねーよ×15には参りました( ´艸`)♪
たしかにおいしいけどもー( ´艸`)♪
甘いものも欲しいなぁ(・∀・)♪

ねるねるねーるねを持って行った子が、間違えて水筒に氷結を入れてないことを祈るばかりです(*´σー`)
[ 2007/10/29 01:45 ] [ 編集 ]
ががーーーん!!
バナナはお弁当箱に入れておけばよかったのですねー
くぅ…ww

300円のおやつ…こんなんも意外に沢山買えるのですね。笑"
私梅干とか買ってました。ww
私も③あたりかなぁ…って感じですね。ww
てか。w
⑥が。笑"たらたらしてんじゃねーよ15個って。w
どんだけ~って。ww

そういえば、遠足でねるねるねーるとか
水を使うのを買ってきた子がいたのですが
水を水筒に入れてくるの忘れて、
食べれてなかったです。ww
[ 2007/10/29 18:37 ] [ 編集 ]
ども|ω・`)ノ ヤァ

遠足のお菓子かぁ・・・
バナナは買って来ようが自家栽培であろうがオヤツには含まれないってうちの地元では決まってるんだ(´∀`*)ウフフ
僕はチョコラングとシャは途中から販売されたけど
発売後は常に買ってたなぁ(´∀`*)ウフフ
ってか、遠足のお菓子はオーバーしても足し算間違えたでやり過ごせたけどなぁ(;´∀`)
用例②は僕も有り得たなぁ(・∀・)
ガムはポイ捨てするから禁止だったんだ(´∀`*)ウフフ
だから、ハイチュウが重宝されたんだ(・∀・)ニヤニヤ
んで、税抜き300までやったよね?

ってか、竹田君って誰だ!?(;´Д`)
[ 2007/10/29 21:27 ] [ 編集 ]
きょう赤シャツは部分運転した。
[ 2007/10/31 13:10 ] [ 編集 ]
そうかー。
お菓子は全部弁当箱にぶち込んじゃえばよかったのか。
いやそういうことじゃないか。

でもこういう議論は少し楽しいー!
ニヤニヤしてみちゃったぜよグヘヘッヘヘ
組み合わせ。
参考にしたいと思います。
竹田君!ありがとう!!!知らんけどー!笑
[ 2007/11/03 18:37 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

裏たれもち

Author:裏たれもち
大事に育ててきたこのプロフィール欄、なぜか壊れました・・・(2008年1/3頃)

ちょっと作り直す元気ないですよね。

ちなみに
僕の性格を如実に表すある興味深い俳句があります。

泣かぬなら 
  どうでもよくね? 
    ホトトギス

あわせて読みたいブログパーツ


・・・泣いても・・・いいのかな?




裏たれもちくんの軌跡記事
記事に関して言えば、昔のほうが裏たれもちは輝いていたという事実。

おやじ伝

おかんのマシュマローション

恐怖の学習の記録

ブラッディバレンタインデー

プリント神隠し

家の中に誰かが・・・

恐怖のスノボ旅行

金なきじじい

面接必勝法

裏ファッション街

流血のチロルチョコ

 

ひとり人気記事だって!!
もちになれなかった子供達
あとちょっとのとこでもちになれなかったの。惜しいね!

ブログランキング
応援してくれたみんな、ありがとうございました!!!!
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。